Kguide Travel Japan

openmatomeview

京都の秋を楽しもう
四方を山に囲まれた京都の町、野山・神社仏閣の木々が色づき始めました。 JR東海のキャッチコピー「そうだ!京都へ行こう」 真赤に染まる紅葉を見に来てください。 寒暖の差が大きくなる11月中頃が1番の見頃でしょう・・・
Updated Date : 2017-12-14 20:47:48
Author ✎ himebara55
この記事をシェアしてください。 ☺

京都の紅葉ご案内
永観堂のモミジ
永観堂は禅林寺と呼ばれているお寺です。 本尊阿弥陀如来立像は、顔を左(向かって右)に曲げた特異な姿の像であり 永観堂の紅葉は真っ赤です。 庭園池の映り込みも素晴らしい光景です。
永観堂の紅葉
見返り美人阿弥陀様がある永観堂 11月初旬から12月初旬 夜間ライトアップ時間 受付:17:30~20:30 料金 拝観料 600円 場所 アクセス 市バス「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分 市バス「東天王町」下車、徒歩8分 地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩15分
OpenMatome

永観堂
35.01406537532405
135.79521814361215
35.01406537532405,135.79521814361215
永観堂庭園
「秋は紅葉の永観堂」言われるように 境内に立ち並ぶ3,000本もの色付いたカエデ、イロハモミジ、ヤマモミジ景観は圧巻で群を抜いています。
OpenMatome
紅葉
永観堂は禅林寺と呼ばれているお寺である。 本尊阿弥陀如来立像は、顔を左(向かって右)に曲げた特異な姿の像である。
OpenMatome
光明寺の紅葉
西山三山粟生の光明寺も秋になれば紅葉で真っ赤に染まります。
西山三山・粟生の光明寺の紅葉風景
光明寺
光明寺山門入口 西山浄土宗の総本山光明寺は、長岡京市西山のふもと、粟生広谷にあります。 総本山光明寺は境内およそ18000坪、建物33棟。そこに毎年10名ほどの「随身学生」という小坊主達が修行しております。 早朝から「作務」という作業をしながら学校にも行って、一人前の僧侶になるべく修行をしているのです。
OpenMatome
12月の紅葉
光明寺名残の紅葉
12月に入り観光客の訪問もなく静かな境内 まだまだ美しい名残の紅葉が楽しめる (2015年撮影)
OpenMatome

西山三山 粟生の光明寺
34.93837510307959
135.67543596960604
34.93837510307959,135.67543596960604
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

冬の奈良を楽しもう~ランチ編
錦秋の社寺2016~京都西山編
京都の暮らしを西陣にて感じる
季節の柑橘類『柚子』を楽しもう
[海の京都]Kyoto Tango Railwayに乗ってを楽しもう!!