Kguide Travel Japan

openmatomeview

海の京都、絶景スポット『立岩・大成古墳』
海の京都、間人で一番訪れたい所。 そこには壮大で美しい自然や伝説・文化を大切に思う人たちが暮らしています。 自分のとっておきの風景を探しに、さあ出かけましょう。
Updated Date : 2016-11-25 12:59:00
Author ✎ Kguide
この記事をシェアしてください。 ☺

柱状節理が美しい立岩
高さ約20m、周囲1kmにおよぶ安山岩の巨岩は、 地下から上昇したマグマが固まったもの。 荒々しい岩肌を近くで見ると垂直にのびた柱状節理が美しい。
癒しの散策コースとしてもおススメ

立岩へのアクセス
35.74362562964192
135.10555565357208
-23.900452644843927
4.915489263257041
0
15
35.74362562964192,135.10555565357208,-23.900452644843927,4.915489263257041,0
立岩と聖徳太子の母子像
この地域(間人)の名前の由来になった 聖徳太子とはしうど皇后
いくら見ても見あきない微笑ましい
大成古墳から海岸まで散策コース
ダイナミックで荒々しい岩壁と海の青の美しさの一方で、はじめてなのにどこか懐かしい、日本の原風景が広がる。
見ても見ても飽きない、絶景の連続。何色ものブルー、 お気に入りのスポットをみつけてください。
春の風に輝く大成古墳
大成古墳は丹後町竹野にあり、この辺り一帯は、大昔海中だった海食台が隆起して出来た海岸段丘と呼ばれる高台で、日本海を一望出来る非常に見晴らしの良い場所。  この古墳群は、古墳時代後期(6世紀末~7世紀初め)にかけての古墳で、古墳からは須恵器・土師器などの土器や刀剣・鉄鏃などの鉄器、碧玉製管玉・瑪瑙製勾玉・ガラス小玉・金環(耳飾り)などの装身具が発見されており、この地方を治めていた豪族の墓と思われている。
大陸との深い繋がりを感じる所 海岸沿いのトレッキングコースとしておススメ

大成古墳へのアクセス
35.74434416763632
135.10969379916787
0
0
0
11
35.74434416763632,135.10969379916787,0,0,0
大成古墳から見た竹野漁港
大成古墳は丹後町竹野にあり、この辺り一帯は、大昔海中だった海食台が隆起して出来た海岸段丘と呼ばれる高台で、日本海を一望出来る非常に見晴らしの良い場所です。  この古墳群は、古墳時代後期(6世紀末~7世紀初め)にかけての古墳で、古墳からは須恵器・土師器などの土器や刀剣・鉄鏃などの鉄器、碧玉製管玉・瑪瑙製勾玉・ガラス小玉・金環(耳飾り)などの装身具が発見されており、この地方を治めていた豪族の墓と思
大成岩から見た立岩海岸ジオパーク
この辺り一帯は、大昔海中だった海食台が隆起して出来た海岸段丘と呼ばれる高台で、日本海を一望出来る非常に見晴らしの良い場所です。
海の向こうはm韓国東海とつながる
大陸の豪族の墓と思われる大成古墳
大成古墳は丹後町竹野にあり、この辺り一帯は、大昔海中だった海食台が隆起して出来た海岸段丘と呼ばれる高台で、日本海を一望出来る非常に見晴らしの良い場所です。  この古墳群は、古墳時代後期(6世紀末~7世紀初め)にかけての古墳で、古墳からは須恵器・土師器などの土器や刀剣・鉄鏃などの鉄器、碧玉製管玉・瑪瑙製勾玉・ガラス小玉・金環(耳飾り)などの装身具が発見されており、この地方を治めていた豪族の墓と思われる。
この地域を一望出来るこの場所に、死者の霊を祀ったのは納得できる。
立岩・大成古墳から一番近い宿『うまし宿 とト屋』から1時間の散策コース
うまし宿 とト屋(京丹後市間人)
どっしりとした木の扉を開ければ、ゆったりとした空間が広がる。 丹後の古代と現代が、ゆっくりと溶け合って響き合う。 初めて訪れたのに何故か懐かしい。何度訪れても新しい。 人の心と体を柔らかく包み込んでいつの間にかくつろぎでいっぱいにする。
新鮮なお魚の料理や体験コースが楽しめる
うまし宿 とト屋の朝食
ギネスブックに世界最高齢者117歳の方はこの地域の出身 今もI00歳以上の長生している方が多く 朝食は長寿食である。
一夜カレイの味は最高!!

うまし宿 とト屋へのアクセス
35.74066079246927
135.10493237525225
0
0
0
12
35.74066079246927,135.10493237525225,0,0,0
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

京都嵐山のパワースポット『松尾大社』
舞鶴の歴史と食体験満喫ツアー
京阪沿線ウォ-キングツアー
京都の紫陽花スポット【株数ランキング】ベスト5
京都の観梅スポット【本数ランキング】ベスト10